ISLAND TRIP(アイランドトリップ)

カテゴリー:島旅レポート

今までの島旅を全て俯瞰できる一覧ページ「島旅レポート別一覧」

「忽那諸島」旅 その6(野忽那島) 皿山からの眺望と島に一つしかない自販機を求めて

世間はゴールデンウイーク。僕は肩の骨折のリハビリが終わってないので旅に出ずにゴロゴロしています。忽那諸島旅の第六回、忽那諸島二番目の島、野忽那島(のぐつなじま)に到着しました。この島も事前情報一切なし。どんな風景を見せてくれるのでしょうか。

「忽那諸島」旅 その5(睦月島・野忽那島) 睦月島から野忽那島へ行き「何もない!」と笑って返される

気がつけば関東は桜も終わり、今はツツジが咲き始めてますね。忽那諸島旅の第五回をお送りします。そろそろ睦月島から次の島に移る時間です。野忽那島、どんな島でしょうか。

「忽那諸島」旅 その4(睦月島) 昼食難民になるも、長屋門の威容に往時の繁栄を思う

肩の骨折、じわじわと治りつつあります。早く島に行きたいが焦りは禁物。忽那諸島旅の第四回、睦月島を逍遥する様子をお届けします。 天気は快晴で散歩も楽しいですが、島に着いてからずっと脳裏にあった予感が大きくなるのを感じていました。 「この島、お昼食べるところなさそう・・・」

「忽那諸島」旅 その3(睦月島) 焼杉の集落とミカンで彩られた山を歩き、島四国に驚く

気がつけば2月ももう残りわずか。まだまだ寒い日が続きます。愛媛の忽那諸島(くつなしょとう)旅の第三回をお送りします。松山空港からバス、電車、船を乗り継ぎ、最初の島、睦月島(むづきじま)に到着しました。フェリーから降りた数少ない乗客のうち、観光客はどうやら僕だけのようでした。他の人たちは港に残ることもなく足早に集落の中に消えていきます。

「忽那諸島」旅 その2(睦月島) 伊予鉄道で高浜港経由、中島汽船で睦月島へ

愛媛県は忽那諸島旅のレポート、今回からお送りしますね。瀬戸内の島は実は初めて、という僕を待ち受けるものは・・・などという大げさな予感は全くしないですが、いつも初めてのエリアというものはワクワクするものです。

瀬戸内彩る柑橘の島々、「忽那諸島」旅 その1

2018年、明けましておめでとうございます。今年もぼちぼち更新を続けていきます。もう丸二年も前となりますが、印象深さは変わっていないのでやはり書いておきたいな、と思った旅があります。それが、愛媛県の忽那諸島の島々を巡った旅。季節も12月ということで、少しは同じような空気を味わってもらえる時期なのでないでしょうか。

「鳩間島旅」旅 その10 鳩間島を離れ、那覇の「鳩間島」で旅の締めくくりを

関東はなんだか梅雨のような空が続いていますね。鳩間島旅の第十回をお送りします。旅は四日目。島を離れる日です。朝起きて、朝食前にこれが最後、と島の景色を写真に収めていきます。空の色、雲の形一つとっても絵になります。その雲からまさに今降っているスコールも美しい。

「鳩間島旅」旅 その9 星空とオオコウモリとヤシガニ

関東はそろそろ梅雨明けでしょうか。鳩間島旅の第九回をお送りします。鳩間島での三日目ももう暮れようとしています。相変わらずさしたる目的はなく、集落を歩いては気になるものを写真に収めていきます。日が暮れ始める時間帯は、写真を撮っていて面白い時間帯でもあります。

「鳩間島旅」旅 その8 ゆみさんちのマンゴーフラッペとお代忘れ事件

関東の梅雨は明けたんじゃないか、という日が続いてますね。鳩間島旅の第八回です。鳩間島の三日目もゆっくりと過ぎていきます。ゆるっと島の道を周り、集落に戻ってきたのは正午ごろでした。向かう先は「ゆみさんち」という宿兼カフェ(現在は休業中だそうです)。

「鳩間島旅」旅 その7 武士家跡と浜に打ち上がったサメ

今年の夏の旅をどうしようか、いまさら思案中です。鳩間島旅の第七回をお送りします。気がつけば旅も三日目。今日もどこまでものんびりです。昨日は島を一周するのみでしたが、その時に見かけた気になるものを再度見に行くことにします。

前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
PAGETOP