ISLAND TRIP(アイランドトリップ)

カテゴリー:島旅レポート

「与那国島」旅 その5 海底遺跡見たさに16年ぶりのダイビング

せっかく身に付けたスキル、腐らせておくにはもったいないですよね。僕にもそんなスキルがありました。与那国島旅の第五回をお送りします。与那国島に行く、と友人に話したら「行けるなら行った方がいい」と言われた場所がありました。それが「与那国島の海底遺跡」です。

「与那国島」旅 その4 最果ての島の巨大な門の正体とは

島に行くと、とりあえず朝早く起きます。それも自然に。与那国島旅の第四回目をお送りします。島の朝は、やっぱりいいもんです。昨晩は多少飲みましたが幸い酒は残っていませんでした。6時ごろ目が覚めると、カメラを片手に外に出ます。風が吹いていてさわやかな潮の香りも清々しい島の朝です。

「与那国島」旅 その3 宿「阿檀」さんのフレキシブルな夕飯

やっぱり離島の景色の中にいると自然と気持ちが上向いてきます。与那国島旅の第三回をお送りします。宿のチェックインとダイビングの受付を済ませ、買ったばかりの一眼レフカメラを持って外に出ます。

「与那国島」旅 その2 飛行機を乗り継いで日本の西の端へ

初めての場所に旅するというのはいつでも心躍るものです。僕の島旅にしては、珍しくしばらく天気がよいという予報の中、初めての八重山諸島は与那国島に旅立ちます。天気良すぎるのが気になります。那覇から与那国島への飛行機の直行便が、14:45発。それに合わせて10時の便で羽田空港を発ちます。那覇空港には13時着、少し間が空いて、14時45分の与那国空港行きに乗り込みます。

日本最西端の島、「与那国島」旅 その1

境界とか端、という言葉にはなんとも言えない魅力を感じます。レポートとしても、自分自身としても初の八重山諸島の旅となります。行き先は日本の一番西の端「与那国島」。伊豆諸島とは全く違った空気に期待が高まります。

「利島」旅 その10 島旅は目の前に来たものに乗れ!

旅の終わりはいつも寂しいものです。利島旅もいよいよ最後、島を後にします。当初の予定では、11時50分発の定期船に乗ることになっていましたが、風がだんだん強くなっているので昼の便は島に接岸しないかもしれないとのことで、早起きして朝6時半に着く便に乗ろう、ということになりました。

「利島」旅 その9 寺田屋さんの夜

宿での食事や飲みも、島旅の楽しみの一つですよね。午前中のドルフィンスイム、島一周、ボーリング、とてんこ盛りも一日も夜を迎えやっと落ち着いてきました。

「利島」旅 その8 たぶん日本で一番小さいボーリング場は利島にある

どこに旅に行っても「あれ見られなかった!」「これし忘れた!」と宿題が必ずできます。利島旅の第八回をお送りします。以前利島に来た時にできなかったことに再チャレンジです。集落の中心部にある「勤労福祉会館」。ここに島らしからぬ施設があります。

「利島」旅 その7 秋本哲志写真展「Tokyo Dolphin ~2時間30分でイルカと泳げる島~」

友人の活躍を目にするのはいつでもうれしいものですね。今回の利島旅のもうひとつの目的、それは友人の写真展を見ることなのです。島一周から戻ってきて写真展をやっている場所に向かいます。

「利島」旅 その6 とりあえず島一周してみよう

同じ場所でも訪れる時期、一緒にいる人によって、見え方が違ってきますよね。それも旅の醍醐味だと思うのです。利島旅の第六回目をお送りします。ドルフィンスイムを終えて宿に戻ってきました。午後は島を一周します。

前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
PAGETOP