ISLAND TRIP(アイランドトリップ)

「与那国島」旅 その2 飛行機を乗り継いで日本の西の端へ

初めての場所に旅するというのはいつでも心躍るものです。僕の島旅にしては、珍しくしばらく天気がよいという予報の中、初めての八重山諸島は与那国島に旅立ちます。天気良すぎるのが気になります。那覇から与那国島への飛行機の直行便が、14:45発。それに合わせて10時の便で羽田空港を発ちます。那覇空港には13時着、少し間が空いて、14時45分の与那国空港行きに乗り込みます。

日本最西端の島、「与那国島」旅 その1

境界とか端、という言葉にはなんとも言えない魅力を感じます。レポートとしても、自分自身としても初の八重山諸島の旅となります。行き先は日本の一番西の端「与那国島」。伊豆諸島とは全く違った空気に期待が高まります。

日本の東西南北の端ってどこなの?

「端っこに立ちたい」という願望、旅が好きな人には多少は分かってもらえる感情だと思うのです。島旅が好きだと、旅の目的地に結構「行きづらいところ」を考えてしまいます。では、日本の一番端っこに立つのはどうだろう、と考えてみました。

青ヶ島に行けない? そんな時は西新宿「青ヶ島屋」に行こう!

島に行くと、まずはおいしいものを食べたいですよね。でも島に行けなくても島のおいしいもの、食べられます。昨年、池袋で開催された離島のPRイベント「アイランダー」の青ヶ島ブースでお話させてもらった菊池さんという方が「来年新宿に青ヶ島のものを出す居酒屋をオープンさせます」とおっしゃってました。Facebookでのやりとりも細々とさせてもらっていましたので、お店のオープンも知っていましたが、なかなか行く機会がなかったのですが、先日晴れてお邪魔してきました!

「buycott(バイコット)」にて記事を書かせていただきました!

自分が好きでやっていることが認められて、新しい広がりを見せることがあるのは本当にうれしいことです。いつもこのブログを読んでくれてる友人から、「今度うちの会社でとある情報サイトをリリースするので記事を書きませんか」と連絡がありました。二つ返事で、会社にお邪魔して詳しいお話を聞き、早速記事を書くことになったのでした。

野生のイルカと泳ぐ! 1泊2日 利島への行き方

島旅の計画を立てたあと、僕は祈ります。「台風が来ませんように!」 さて、何回かに分けてお送りした「利島旅」ですが、東京なのにイルカと泳げるの?!と思った人、多いですよね? ISLAND TRIPではもちろん「行ってきました」だけでは済ませません。1泊2日の週末だけで行く利島、説明しちゃいます。

「利島」旅 その10 島旅は目の前に来たものに乗れ!

旅の終わりはいつも寂しいものです。利島旅もいよいよ最後、島を後にします。当初の予定では、11時50分発の定期船に乗ることになっていましたが、風がだんだん強くなっているので昼の便は島に接岸しないかもしれないとのことで、早起きして朝6時半に着く便に乗ろう、ということになりました。

「利島」旅 その9 寺田屋さんの夜

宿での食事や飲みも、島旅の楽しみの一つですよね。午前中のドルフィンスイム、島一周、ボーリング、とてんこ盛りも一日も夜を迎えやっと落ち着いてきました。

「利島」旅 その8 たぶん日本で一番小さいボーリング場は利島にある

どこに旅に行っても「あれ見られなかった!」「これし忘れた!」と宿題が必ずできます。利島旅の第八回をお送りします。以前利島に来た時にできなかったことに再チャレンジです。集落の中心部にある「勤労福祉会館」。ここに島らしからぬ施設があります。

「利島」旅 その7 秋本哲志写真展「Tokyo Dolphin ~2時間30分でイルカと泳げる島~」

友人の活躍を目にするのはいつでもうれしいものですね。今回の利島旅のもうひとつの目的、それは友人の写真展を見ることなのです。島一周から戻ってきて写真展をやっている場所に向かいます。

前の10件  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16 
PAGETOP