ISLAND TRIP(アイランドトリップ)

世田谷WebTVに生出演して島旅を語ってきました

関東は梅雨真っ盛り。どうも、いづやん(@izuyan)です。


初Webテレビ出演!

先日告知したとおり、6/7(木)19時30分から、世田谷区若林にある「ギャラリー世田谷233」で毎週放送している「世田谷Webテレビ」の1番組、「ゆっきーの死ぬこと以外かすり傷」に出演させていただき、ぐだぐだながらも楽しい島旅トークを展開してきました。

結構な人数の方にギャラリー内で観覧いただきつつ、島旅にハマったきっかけやらここ数年で面白かった島ベスト3など話してきました。

番組パーソナリティのゆっきー(@yukki_tcbs)は旅好きバンドマンということで、海外も含めて色々なところに行っているそうで、初めて行った島が千葉県の「仁右衛門島」とのことでしたが、特に感慨がなかったというのは吹きましたね。

「初めて行った島がよくてそこから島旅にハマりました!」とか普通言うと思うんですが(笑)

そして、育ちが千葉県の僕もよくよく考えたら初めて行った(というか親に連れて行ってもらった)島は仁右衛門島でした。

さらにゆっきーが誕生日に青ヶ島に行く時に羽田空港のトップスでケーキを買って、それを島に持ち込んで食べたという逸話が最高に面白かったです。自分ももっと精進しなければ(?)

Webテレビ、色んな方に見ていただいていたようで、色々ツッコミありがとうございました。手元にストリーミングの画面がなく、番組中に細かく拾ってお話ができなかったので、もし機会があれば、今度はノートPC持参で話したいですね。

Twitter島旅友達のガジェさん(@OresamaGadget)には、日本地図と豪徳寺に支店のある五島は福江島の「浜口水産」のすり身揚げ「バラモン揚げ」を差し入れいただきました。本当にありがとうございます。(番組内で紹介とお礼を忘れたため)

番組はすでにYouTubeチャンネルにアップされていますので、気になる方はどうぞ。


ギャラリー世田谷233

さて、会場になった「ギャラリー世田谷233」ですが、ゴールデンウイークに店内のギャラリースペースで「離島の風景 -365 days of islnads(主催:小林正吾郎さん)」という写真展を見に行ったのが訪れたきっかけでした。

ギャラリーと名前の付いている通り、ギャラリースペースや壁一面に並んだレンタルボックスが特徴的。

様々な作品がボックスに並べられて見るだけで楽しく、実際に買うこともできます。

そして、売りたい・発表したい作品がある人は、このボックスを借りることもできます。出展作品には特に審査がないそうです。

ボックスの大きさによって、一ヶ月あたり2000〜2400円のレンタル費用、展示しているものが売れた場合は、売上の10%が手数料としてかかります。

「え、世田谷でこの値段て、おかしくないですか!?」

オーナーの中根さんから説明を受けたときにとっさに出た言葉がこれです。

また、今回出演させていただいたWebテレビのように、レンタルスペースとしてイベントやミーティングにも開放されています。

スペースの使用量は基本無料(企画の内容によっては参加費の1〜2割程度の費用が発生)とのことで、これもありがたいです。

また、今回Webテレビに出演するきっかけを作ってくれたギャラリースペースの「room」ですが、1日あたり3000円で展示が可能です。

「世田谷のギャラリースペースが1日3000円って安すぎないですか!?」と中根さんに半分食い気味に返事をしてしまうくらいの料金です。

僕もここで島写真展やりたい。いや、やろう、必ず。

そんな素敵なギャラリー世田谷233、ぜひ足を運んでみてください。

まずは、レンタルボックスをお借りして、島写真同人誌を置かせてもらうところから始めたいと思います!

■島に関する執筆・取材・講演・写真貸出のご依頼は下記までお問い合わせください。
 izuyan@islandtrip.jp
 僕のプロフィール・実績等はこちら
※このサイトに掲載している文章、写真はすべて無断転載禁止です。
他媒体への掲載をご希望の場合は、ページ下のフォームからご連絡ください。
シェアしてくれるとうれしいです!

ISLAND TRIPの本、あります

ISLAND TRIPの本

関連記事

コメントする

PAGETOP