ISLAND TRIP(アイランドトリップ)

「天売島・焼尻島」旅 その12 二人の地域おこし協力隊とゲストハウス

旅というのは出会いの連続だと思うのです。どうも、いづやん(@izuyan)です。

天売島・焼尻島旅の第十二回をお送りします。島唯一のカフェでマダムと話した後、出港まで残りわずかの時間で港に向かいます。


焼尻島の地域おこし協力隊(当時)奥野さん

急いで港に戻ると、めん羊祭り会場は撤収が始まっていました。その様子を眺めていると、焼尻島の地域おこし協力隊(2015年当時)奥野さんことおっくんが来てくれました。

実はこの日島に着く前にあらかじめ連絡をしていて少し話をしたのですが、祭り中ということもあって挨拶程度でした。

学生の頃は、僕と同じようにあちこちの島を巡っていたというおっくん。いつかは島で暮らしたいという思いも持っていたとか。

なぜ地域おこし協力隊となることにしたのか、そして赴任先として焼尻島を選んだのか、と聞くと、

「昔はWebライターとして島の記事を書いていたんですけど、すごくいいことを島の人が言っているのに、自分がそれを書くと面白くなくなってしまう。それがいたたまれなかったり物足りなかったりして、島の内側に入りたいと思うようになったんです」

そこに地域おこし協力隊の募集があり参加することになったと。数ある離島の協力隊募集の中でも限界集落の人数に限りなく近い焼尻島を選んだのもその辺りに理由があるのでしょう。

この時は「まだ任期が1年半ほどあるので頑張ります」と言っていました。おっくんとはこの後何度か会っていますが、鋭い視点と問題提起でいつも「島にとってよいこととは」を考えるきっかけをくれます。彼が言うこと、毎回刺さるんですよね。

ちなみに、彼の地域おこし協力隊の任期は2016年12月末で満了し、現在は2017年4月29日にオープン予定の「やぎしりゲストハウスやすんでけ」の開業準備に奔走しています。

また島に来ることを約束して、出港間際のフェリーに乗り込みました。


焼尻めん羊祭りで見かけたオロロン三兄弟Tシャツの人は

出港5分前にフェリーに飛び乗り、焼尻島を後にします。

天売島に戻り、また港前の和光丸さんで同じ自転車を借ります。

和光丸さんの店内に、先ほどのめん羊祭りで見かけた男性がいました。焼尻島のお祭りなのに、天売島の「オロロン三兄弟Tシャツ」を着ている男性がいるのを不思議に思って覚えていたのです。

この時、その男性とは二言三言くらいしか話をしなかったのですが、旅の後に、僕が天売島地域おこし協力隊のFacebookページにいいねしたのをきっかけに、「ひょっとして和光丸で話しした方ですか」と連絡をくれました。

それがその男性、天売島の地域おこし協力隊(2015年当時)の宇佐美さんだったのです。

その宇佐美さん、天売島が好きで10年ほど毎夏通ったあと、いずれ住みたいと思っていた天売島での協力隊募集へ応募、赴任。協力隊任期後の2016年7月に、天売島に「ゲストハウス天宇礼(てうれ)」を開業しています。

(下の写真は2016年のイベント、アイランダーの天売島・焼尻島ブースの写真です。右が宇佐美さん。左は先ほどのおっくんこと奥野さんです)

170407_13.jpg

どちらも今までゲストハウスのなかった島。そして協力隊出身の若い人が開業、ということで、僕も密かに注目していますし、何よりまた島に行く理由ができて嬉しいです。


三日目の晩御飯も豪勢で不安になる

焼尻島から戻り、荷物を一度宿においた後は、すっかり日課になっている「海の宇宙館」でお茶です。チーズケーキが美味しかった。人もいなくて静かで、実に贅沢な時間です。

日が暮れる前に宿「大一」さんに戻り、夕食の席につくと、この夜も目を疑うほど豪勢な北の海の幸の数々。

ここで初日に僕が宿の仲居さんに言った言葉を思い出します。

「もしかしたら食事のグレードを上げてもらうかもしれません」

お、これはもしかして「上げてください」という風に取られたから、こんなに山盛り豪勢なものが出てくるのでは・・・? とちょっと怖くなりました。

恐る恐る仲居さんにそのことを聞くと、

「いやいや、一番下の料金ですよ〜。もっと美味しいもの、一杯ありますから!」

え、上のグレードだとまだこれ以上のものが出てくるの? しかもまだ2つ、グレードが残っています。あと変身を二段階残していますよ的なノリです。北海道の離島恐るべし。

ウニも相変わらず生と焼きが出てきます。アワビもご覧の通り。

毛ガニが半分も!

いや、さっき生のアワビそこにありましたよね? 生きたままのをさらに蒸し焼きなんて・・・

刺身もツヤツヤです。

これでもかという量の料理を堪能していきますが、最後に毛ガニに到達する前にお腹がはち切れそうに。ご飯も食べたのが間違いだったか・・・。あえなく毛ガニは残してしまいました。

膨れたお腹をさすりながら、明日、帰らなければいけないことを今から残念に感じ始めていました。(続きます)

※このサイトに掲載している文章、写真はすべて無断転載禁止です。
他媒体への掲載をご希望の場合は、ページ下のフォームからご連絡ください。

コメントする

PAGETOP