ISLAND TRIP(アイランドトリップ)

「軍艦島」旅 その13 盛り上がるマッサージ、打ち上がる花火

知らない街をあてもなく歩くのは、やっぱり楽しいものですね。
どうも、いづやん(@izuyan)です。


長崎の街をぶらつく

やまさ海運さんの船を降りたときには、日はだいぶ傾いていました。そうはいっても夕飯の時間にはまだ余裕があります。少し回り道して宿に戻ることにしました。

長崎の街は坂道があって見晴らしがよかったり、路面電車が走っているかと思えば、レトロモダンな西洋建築があちこちにあったりと、歩くだけでも色んな被写体に出会えます。旅といえば人もいないような島が多い自分にとっては結構新鮮でした。

思案橋付近。この近くに俳優・歌手の福山雅治がよく行っていたという長崎ちゃんぽんのお店もありました。

長崎といえばカステラ、カステラといえば文明堂が有名ですが、友人の長崎県人に聞くと「福砂屋」の方が美味い!とのこと。あてもなく歩いていたらその本店の建物を通りがかりました。蔵のような作りで見栄えがします。

この時、お茶しならがカステラが食べられるところを探していたのですが、見当たらずさらにうろうろします。都内でもよく見かけるチェーン店のカフェは一杯あるんですけどねー。

さらにふらふら歩いていると石造りの立派な建物に遭遇。近づいてみるとなんと交番でした。ここ丸山町はその昔遊郭があったんだそう。確かに、名残というか、そんな空気が感じられる街並みではありました。

散々迷って高台に出ましたが、宿はすぐそこだったというオチ。左奥の橋が中華街の入り口です。


マッサージで盛り上がる

歩きまわって宿に戻りシャワーを浴びると、結構ぐったりしてしまいました。年ってやつですかね・・・。単に運動不足なだけか。

そんな時にTwitterで友人が、先ほど通った思案橋に安くていいマッサージ屋があると教えてくれました。60分で3000円。え、すごい安くない!? 夕飯の時間には少し早かったのでまずそのマッサージ屋に行くことにします。

お店のサイトを見たらなんと自分の住んでる埼玉の川口にもあることがわかりました。なぜ長崎と川口なんだろう・・・。

ボディケアとフットケアを30分ずつの60分、3400円くらいでした。担当してくれたお兄さんが話し好きで、しかも写真好きでバイクにも乗っているというじゃないですか。

「何人かで遊びに行って、いい被写体見つけて写真撮ってると置いてかれるんですよー」とお兄さん。
「わかるわかる(笑)」
「お客さんに『わかる!』って言われたの初めてです! つい写真撮るのに夢中になっちゃいますよね!」

お互い使ってるカメラもキヤノンのEOS 7D、乗ってるバイクも排気量は違うけどホンダのホーネットで同じ、ということでやたらと盛り上がりました。今度また長崎に来ることがあったら最初にお店に寄って、長崎のいい撮影ポイントを教えてもらう約束をしました。

そうそう、初日の軍艦島ツアーで寄港した伊王島には温泉リゾートがあるのですが、お兄さんによると、長崎港から伊王島の船の往復と日帰り温泉がセットになったプランがあって900円くらいらしいです。これも次回長崎に来たら行こう!

こういう旅先での地元の人との会話、すごく好きです。これがあるから旅はやめられないと言っても過言じゃないくらい。


長崎随一の夢の高カロリーグルメ

マッサージのお兄さんにこの辺で夕飯向きな名物は何かあるか聞いたら、「ツル茶ん」という喫茶店の「トルコライス」はどうですか? と教えてもらいます。そういえばTwitter経由で友人何人かからも「トルコライス食っとけばいいんじゃね?」的なコメントもらってました。

マッサージを終えて体が軽くなったところで、歩いて5分もかからないところにある「ツル茶ん」に向かいます。外観も店内もいかにも昭和の喫茶店、というたたずまいが味わい深いです。

メニューを見るとトルコライスでも色々バリエーションがありましたが、初見ということで普通のトルコライスを頼みます。

トルコライスとは、ピラフ、スパゲティナポリタン、デミグラスソースのかかったとんかつ、コールスローが一皿に乗った料理のことだそうで、なかなかに高カロリーです。ちなみに名前の由来は登場30年にしてすでによくわからなくなってるようですね。

食べ方によって色々味が変わるので、食べ慣れた洋食でも飽きずに最後まで美味しくいただけました。しかし名前の由来が気になって仕方なかったです。


長崎といえば夜景でしょう!

昼間の軍艦島ツアーの時に、旅の初日にスタバを利用した商業施設「ゆめタウン夢彩都」で、お祭りがあると知りました。しかも夜にはライブがあって花火が打ち上がるとか。

長崎は夜景が素晴らしいことでも有名ですが、夜景に加えて花火! これは写真を撮りに行くしかない! しかし、有名な夜景スポットである稲佐山に行くかどうか迷いました。花火の時間までに間に合いそうになかったからです。カップルがたくさんいて精神力が強くないとダメだという事前情報も(笑)

そこで思い出したのが、昼間にグラバー園に行く時に通った斜行エレベーター、グラバースカイロードを降り、もうひとつエレベーターを上ったところ。宿からも近いし人もそれほどいなさそうなので、三脚を取りに一度宿に戻り、タクシーで路面電車の石橋駅そばまで行ってもらいます。

長崎のタクシー、初乗り500円で安いです! もっと早く知りたかった・・・

エレベーターを上り、高台から長崎港を一望できる場所に出ました。グラバー園の裏の入口のそばですね。おお・・・これが長崎の夜景!

港の方からはライブの歌声が聞こえてきています。それが終わると、花火が始まりました。しかも結構な数が打ち上がり壮観です。

旅の二日目は、軍艦島もよかったですが、長崎の街の楽しい出会いや夜景に花火、など旅の醍醐味が凝縮したような一日でした。(続きます)

■島に関する執筆・取材・講演・写真貸出のご依頼は下記までお問い合わせください。
 izuyan@islandtrip.jp
 僕のプロフィール・実績等はこちら
※このサイトに掲載している文章、写真はすべて無断転載禁止です。
他媒体への掲載をご希望の場合は、ページ下のフォームからご連絡ください。
シェアしてくれるとうれしいです!

関連記事

コメントする

PAGETOP